現在お住まいの住宅から新たに住宅をと考えるきっかけとしては、家の老朽化や耐震性の欠如、家族構成もしくは周辺環境や時代の変化などによる対応、使い勝手の不具合などいろいろあると思います。


最寄りの住宅展示場で各メーカーの展示する各住宅を訪れると、一様に何か物足りなさを実感し、自分サイズではない、何処か他人の家に居る感じになるでしょう。

玄関吹抜け、真中玄関で左右部屋振り分け、といった既製の感覚、一様で変化の乏しいパターン化された感じがどうしても存在します。しかし、そこから「もっと別の自分なりの構想が必要ではないか?」と疑問を抱くようになるでしょう。


私共は、建主さんとできる限りオープンに、互いに遠慮なく話し合える対応を考えております。

語られた想いや願いを聞き、イメージを膨らませ要点を探す、幾つかの提案を模索、時に問題を提示し合い、現実性と照合することを繰り返すことにより、結果的に漠然とあった建主さんのイメージが収束・現実化されることになります。


気候・風土・文化や歴史から導かれたデザイン、住環境の一部として周辺環境の構成を担うように、街・地域との健全な関係づくりを考えております。

建築分野は勿論、職人や他関係分野から様々な意見を取り入れ、技術的に裏打ちされた仕事を遂行するように心がけております。


当然、建主さんは大きな夢や要望を持っておられます。その限られた予算を有効に活用する手段として、材料の、または空間の「適材適所」、お金を掛けるべき個所と、掛けない個所を明確に区別します。建物の機能を大切に考え、且つ長期使用に耐え得る家作りを目指しております。

また一方で、家族構成や子供の成長といった変化にも、
継続的な視点で対応するよう考えます。計画の夢(建主さんや我々の要望)という主要素を保ちながら、調整や交渉を進めていくことが設計事務所の大きな仕事です。

設計事務所に依頼するということの意味は、「質の高い建物を建主さんと一緒に創り上げていく」という過程にあると思います。




A. お気軽に電話、メール、問い合わせフォームから相談内容をお聞かせ下さい。もっと詳しい内容のご相談や、私たちに興味を持って頂いた方は、私達の事務所でお客様の住宅への夢をお聞かせ下さい。

ご相談につきましては費用は一切頂きませんので、お気軽にご連絡下さい。


A. 設計事務所は、お客様にふさわしい住宅を提案・デザインする所です。設計の他、予算の配分、建設会社探し、見積のチェック、工事が始まれば現場監理と全面的にサポートします。見積も複数の業者に依頼し、内容も詳細にチェックするので、コストダウンも可能です。
設計事務所は、お客様の予算に応じ設計するので 『設計事務所は高い』 と誤解しないで下さい!

メリット デメリット 総コスト
設計事務所 お客様だけの『ひとつしかない住宅』が出来ます。
間取りや空間構成、工事監理まで一貫して面倒を見てもらえる。構造や仕様等、ゼロから作れる。デザインや使い勝手の提案に優れている。
予算に合わせて設計が可能(コストコントロール)
一般的に設計事務所に依頼すると『値段が高い』『敷居が高い』と誤解されている。
デザイン重視で機能性がないと
偏見の目で見られがちである。
ハウスメーカー トータル的にサービス(モデルハウス、カタログハウス、カタログ、接客、金融ポート等)が良い。ブランドによる安心感がある。 基本的(各メーカーの標準)な仕様から抜け出せない。
デザインが、どの家も同じ
工事費に設計費の他、宣伝費、営業費が含まれるため割高となる
工務店 工務店独自に信頼している各工種業者がいるので融通が利く。
工事中の変更がフレキシブル。入居後のメンテナンスも
下請けを使わないので安心。
造り易いように建ててしまう。
デザインは不得意
競争相手がいない為、コスト面に弱い

注:この表は一般的な見解として表しました。必ずしも上記のようになるとは限りません。



A. まず土地の資料をご用意頂き、お客様の住宅に対する夢をお伺いし、それを基にラフプラン(平面図、立面図、断面図)を作成します。この段階での提案、ラフプランについては適時作成致します。打ち合わせを重ね、方向性が決まりましたら正式な基本設計へと移ります。



A. 規模、構造によっても多少異なりますが、およそ工事費の10%程度です(構造・設備設計・工事監理も含む)。その工事費で適正な工事が行われているか、我々で確認いたします。
ハウスメーカーでは工事費の中に本社経費や設計料等(工事費の約30〜40%)を含めているため、それなりの費用が掛かるようです。私たちは
明確に工事費・設計費に区分して公開することで、より安心した住宅を建てることが出来ると考えております。



A. もちろん可能です。住宅、店舗、オフィス等の新築、増改築、リフォーム等も行っております。また、耐震診断、耐震補強設計も手がけておりますので、お気軽にご相談下さい。弊社のこれまでの実績につきましては、「Works」のページをご覧ください。



A. 使用する材料や仕様が大体決まっているハウスメーカーや工務店では、坪単価○○円と提示できるかもしれません。私たちは、お客様の為の「オンリーワン」の建物を心がけているため、金額はそれぞれの設計によって左右されます。そのためお金を掛けたい場所、お金を掛けなくて良い所を見極め、バランスを取ることを重視し、、坪単価だけで良い住宅かを判断しないようにと考えております。



A. もちろん設計させて頂きます。土地探しもお手伝いします。敷地には様々な法的規制が掛かっており、敷地を実際に見るだけでは解からない事も数多くあります。上下水道の引き込みの有無、地盤状況(杭が必要か否か)、周辺環境の将来像の予測など……これによって工事金額は大きく左右されます。是非、ご相談下さい。



住宅を建てたいと思っているお客様と相談、打ち合わせを致します。
敷地調査を兼ねて要望をお伺いさせて頂き、ラフプランを提案します。
打ち合わせを重ね、ある程度方向性が決まったら、基本設計に移ります。
更に打ち合わせを重ねて、基本設計を行います。
この段階で法的チェックも行います。
基本設計は、これから先の基となるものなので、時間を要す場合もあります。
工事を行う為の図面を作成します。
実施図面の作成には、約2〜3ヶ月程度かかります。
この段階で確認申請等を行います。
工事契約については、基本的にはお客様と建設会社との契約になります。
私たちは、建設会社の選定のアドバイスを行います。
もちろん、選定した建設会社の見積りについては、こちらで十分に検討及びチェックを行います。
建設会社選定については、見積り金額だけでなく、会社の信頼性も考慮します。
工事の進捗状況によって、各工程の検査を行います。
工事がきちんと行われているかをチェックします。
また、工事進捗状況の報告を行います。
各種検査に合格し、クリーニング後最終検査を行います。
最終検査に合格すると、お客様にお引渡しとなります。
工事監理報告書をまとめ、提出します。
建物完成後、使い勝手等の確認をさせて頂きたいと思っております。
完成後の検査は、適時行います。